神式葬儀の風習について

神式葬儀というものは、かなり行われる事も多いです。

神式葬儀は古くからおこなわれている葬儀の一つです。
ただ、仏教の葬儀と流れは近いものになります。ちょっとだけ呼び名が違って行われる事が一般的です。

その神式葬儀についてですが、通夜を通夜祭と呼びます。さらに、葬儀につきましては葬場祭と呼びます。
そのように呼び名が違うわけですが、葬儀としての流れは大きくは違わないというわけです。

さらに注目していただきたいのが、祭詞の朗読というものです。

こちらは仏式葬儀の読経に変わるようなものになっていまして、

やはり流れというものについては大きな違いがないという事がご理解いただけるかと思います。

詳しく内容を知っておきたい方は神職の方などに前もって相談をする事をお勧めします。

家族葬というう葬儀の中身とは

葬儀の中でも家族葬というものを選択される方が多いです。

家族葬というものですが、一般の葬儀に比べてかなり安価に行う事ができます。

少しでも葬儀にお金をかけたくないという方におすすめの葬儀となりますので、

その点は理解されて利用すると良いのではないでしょうか。

その家族葬という葬儀ですが、まず出席者はそのネーミング通りに家族のみとなります。またごく親しい方や親戚が含まれる事があります。

家族葬の大きな特徴はとにかく会場が小さいというものです。
一般の会場を葬儀で利用しますと、会場代というものが大きくなります。しかし、家族葬では会場が小さいのでお値段が低めになるわけです。
ですので、家族に負担をかけたくない方が自分の葬儀は家族葬にしてくれ、と遺言を残すこともあります。

町田 不動産町田 ゴルフスクール