初めての葬儀で遺族が知っておくべきポント

初めての葬儀で遺族が知っておくべきポント

初めて遺族として葬儀に直面した時、誰しも戸惑うことが多いものです。父の葬儀をした経験から、普段から知っておくべきポイントを挙げてみます。

 病院で亡くなられた場合、霊安室に祀られ、その後真っ先に葬儀社を決めて、連絡を入れる必要があります。葬儀社を決めかねていると、病院によっては病院馴染の葬儀社を紹介される場合があります。

葬儀費用の抑え方は葬儀の規模を小さくすることをお勧めします。小規模にしましょう!


 後は、葬儀社の方と相談して進めれば良いのですが、お寺さんをどうするかを次に決める必要があります。檀家なら、そのお寺さんに連絡をすれば良いでしょうが、全くお寺さんとの縁がない場合は、宗派を指定して、葬儀社に紹介してもらう事も可能です。

 後は、通夜、葬儀の日取りや祭壇などの葬儀の格式、規模を決め、葬儀社とお寺さんと相談して進める事になります。この際、忘れがちですが、葬儀会館などにすぐに遺体を安置するのか、一度自宅につれ帰って、枕経などを自宅で上げた後、葬儀会館に運ぶのかも意思決定が必要な項目です。

 葬儀の費用は、葬儀社に支払う金額は、祭壇などの格式、規模で大きく違ってきます。また、お寺さんへのお布施は、お坊さんを何人にするか、戒名の格をどうするかによって大きく違ってきます。

 こうしたポイントに付いて遺族が判断すれば、後は葬儀社の担当の方に任せ、相談しながら進めれば何とかなるものです。

葬儀費用の平均とは?

葬儀の見積もりなんかと思うかもしれませんが、葬儀の平均は200万前後と結構なお金がかかります。葬儀を出すなんて経験は人生においてそう何度もあることではありませんので、どの程度かかるのかを把握しておくのも大切です。

香典があるからそれで払えばいいと簡単に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、葬儀は葬儀費用だけではなくお坊さんへのお布施や、戒名を付けて貰うのにもランク別に料金設定されているお寺もあり、上を見ればキリがありません。

地域によってかかる料金はまちまちですが、素人には葬儀代金の標準価格などもわかるわけもなく、見積もりなどの目に見える会計でなければ安心して仕事を任せられないのは、普通の会社と同じです。身内が亡くなるのは悲しいことですが、悔いなく送り出せるいい葬儀にするために、見積もりをしてもらうのは大切なことだと思います。


葬儀費用の抑え方は葬式の規模を小さく、コンパクトにまとめることをお勧めします。参列者が少なければ斎場などの会場を小さくし、あらゆる費用を抑えることが出来ます。また、手伝いに来てくれる親族は重要ですが、ごくごく近親者のみで済ませる事にすれば、食事の費用等も抑えることが出来ます。香典などの収入は少なくなりますが、葬式の規模が大きくなれば、用意しても無駄になるものも多いものです。生前お世話になった人にははがきでお知らせする程度にとどめるなど、徹底しましょう。


 

Calendar