元気なうちに生前葬を行うのも良い事

元気なうちに生前葬を行うのも良い事

元気なうちに葬儀を行うという事はおかしいと思われる方もいるかもしれません。
しかし、生きているうちにお別れ会的な葬儀を行うという事はいま流行ってきています。

名前もありまして、「生前葬」といいます。元気なうちに多くの方に感謝の気持ちを伝えたいという事もあるでしょう。

生前葬を選択される方は多くなると考えられます。

直送や家族葬をお勧めします。その他の葬儀費用の抑え方もマスターしましょう。


その生前葬という葬儀につきましては、余命を宣告されている方が行う場合も多いです。
まだ元気なうちに多くの方に会っておきたいという方も多くいらっしゃるわけです。そういったこと自体素晴らしい事だと言えるのではないでしょうか。

生前葬という葬儀はまだ一般化しているとは言えません。ただ葬儀社への相談件数も増えてきている傾向にあることは確かです。

病院指定の葬儀業者に気をつけて

自宅で最期を迎えるケースが極端に少なくなった今、葬儀社選びを大きく左右するるのは病院のスタッフの推薦と言われています。身近な人の死に直面し、葬儀のことまで頭がまわらないのが普通かもしれません。
しかし、言われるまま病院の指定する業者に葬儀を依頼し、後々トラブルになるケースは意外と多いのです。実際に頼んだサービス内容が違ったり、後になって法外な料金を請求されたり……。

だから、いくらお世話になった病院の人に葬儀社を勧められても即座に了承するのは控えたほうが無難です。せめて葬儀社を決める前に、見積もりを出してもらうなど、検討する姿勢を見せるべきです。

「知人が葬儀業者をしておりまして…」とやんわり断る方法もありますが、こういう場面こそ毅然とした態度で臨みましょう。もっとも確実なのは、危篤状態になる前に葬儀社にあたりをつけておくこと。不謹慎と思われても故人を悼む気持ちとその後の葬儀の話は別。葬儀で失敗しないためにも、前もって準備しておくことが大切です。


通夜や葬儀、告別式などを行わずに、親族が集まって火葬のみを行なうことを「直葬」と言います。直葬ではなく、葬儀を行う場合は、家族だけで行うような、小規模の葬儀「 家族葬 」 を行うと、費用や安いためお勧めします。ただし、家族葬と言っても、明確な定義があるわけではありませんので、故人の友人やお世話になった方などにも参列してもらうケースもあります。その場合は、参列者が増えることになるため、その分費用が高くなります。そのほかにも、葬儀の際の祭壇の規模を小さくしたり、棺のグレードを下げる、通夜ぶるまいの料理を簡素なものにするなど、葬儀費用の抑え方にはいろいろな方法がありますので工夫しましょう。 


 

Calendar