一番思い出に残っている葬儀

一番思い出に残っている葬儀

私の親族に、全員が面白い家族がいます。

その一家のお婆さんの葬儀が今でも一番心に残っています。

お婆さんは私とは直接血の繋がりがありませんでしたが、実家が近いこともあり子供の頃からお世話になった人でした。

葬儀社の選び方をお勧めしますので実行しましょう


88歳で健康的なお婆さんでしたが、ある朝ぽっくりと亡くなりました。

まず、葬儀に行ってびっくりしたことは一家が全員笑顔で迎えてくれたことです。

誰一人として涙を流している人はおらず、むしろ普段と変わらず大きな声で笑っている人もいました。

そして、亡くなったお婆さんの顔を見ると生前と同じく笑っていました。

笑い方が豪快なお婆さんだったので、亡くなった顔を見た時私はちっとも悲しくありませんでした。
葬儀の後、食事会が行われました。その時におじさんが、「お婆さんはとにかく面白い人でいつも笑っていたから、今日も皆で大笑いしよう」と言いました。

その食事会は、結婚式の宴会のようににぎやかでお婆さんのことをネタにしては、皆でふざけて笑っていました。
今まで葬儀に対して暗いイメージしかなかった私にとって、衝撃的な葬儀と食事会でした。

でも、お婆さんは天国で喜んでいたと思います。
私も自分の葬儀の時は、皆が笑って送り出してくれるようにしたいと思いました。そのためにも、毎日楽しく笑顔で過ごそうと思います。

正しい葬儀社の選び方は、見積もりを取ることをお勧めします。葬儀社の規模の大小に惑わされずに、見積もりを取り、それを見ながら説明を受けるようにしましょう。規模が小さい葬儀社であっても、親身になって葬儀をサポートしてくれるところもありますし、大きい葬儀社であっても葬儀に使う備品を使いまわしてメンテナンスがしっかりなされていない場合があります。葬儀後に後悔しないように、見積もりを取ってスタッフの人柄や料金内訳を吟味して決めるといいでしょう。


 

Calendar