葬儀業社は事前に契約を

葬儀業社は事前に契約を

父は救急搬送されると、ほどなくして亡くなりました。

しかし、葬儀業社を決めていなかった為、病院側から遺体の引き取りを急がされ、やむなく病院出入りの葬儀社を頼まざるをえなくなってしまいました。

密葬の形式だけは決めていましたが、細かいやりとりが深夜にまで及び、通夜告別式の日程を決定し、葬儀もとどこおりなく終えました。

知名度や費用面でお勧めしますという葬儀社ではなく信頼できる葬儀社の選び方をしましょう


又、業者に高額な料金を請求されるような事はなく、戒名代だけには閉口させられました。
高齢の介護生活であった為、葬儀社を決めておきたいとは考え、パンフレットやらネットで業社を見てはいました。
業社によっては事前に予約なり契約すると料金が割引される事が多く、急逝されてもすぐに迎えにきてもらえます。
又、事前に大雑把な形式を決めておくだけでも余裕が生まれますし、業社を比較できることがなによりです。
当人が生前に希望の葬儀で契約などしてくれると良いのですが、親が高齢であるのなら早めに葬儀業社を選び、契約しておく事をお勧めします。

葬儀をはじめて行う前に

葬儀に参列する機会はあっても、自分が葬儀を執り行うことになる機会は、そう多くあるものではありません。
葬儀を行うということは、通常ごく近い身内であるので、いざという時には、深い悲しみの中にありながら、葬儀屋を探して準備を進めなくてはいけません。

亡くなる前から葬儀屋を探したり調べたりするのは、不謹慎なようにも思えますが、亡くなってからバタバタとしている中で決めると、トラブルにつながりやすかったり、葬儀屋選びに失敗して、ただでさい辛い時に、余計に不快な思いをするようなことにもなりかねません。

いつかは自分もお世話になるものなので、葬儀について、必要なことは知っておくという努力は、必要なことではないでしょうか。


信頼できる葬儀社を選ばないとマナーに無頓着な葬儀社やスタッフの教育が行き届いていない葬儀社など、酷い葬儀社に任せる事になってしまう場合がありますから注意が必要です。 特に家族が亡くなった病院の紹介であったり、知名度・費用からお勧めしますの声だけで選んだ葬儀社は必ずしも納得・信頼できる葬儀社というわけではありません。 信頼できる葬儀社の選び方としては希望する葬儀をしっかり実現してくれたり、遺族の心のケアの面まで心配りができる業者を選ぶのがポイントですし、明朗な料金や分かりやすい説明、質問や相談に対するスタッフの対応の良さなどを重点に置いて見積もりを取るようにしましょう。


 

Calendar