自宅で葬儀をする際の注意点

自宅で葬儀をする際の注意点

昔は自宅での葬儀が当たり前でしたが、今は住宅事情やなどもあり、より合理的でめんどうの少ない葬祭場やセレモニーホールで葬儀を行うのが一般的になっています。

お勧めします、こんな葬儀社の選び方をしましょう


それでも「やはり故人のために自宅で葬儀をしてあげたい」と考える人もけっして少なくはないでしょう。そこで、自宅で葬儀をする際に、見劣りがちな小さな注意点を3つ紹介します。

1つ目は、近所への事前の挨拶。これは常識でしょうから、近所に何も告げずに葬儀を行う人はいないでしょう。しかし、「向こう三軒両隣」だけでは、範囲が狭いと思います。葬儀には多くの参列客が来るわけですし、中には車で来る人もいるでしょう。場合によっては路上駐車のようなケースも起こらないとは限りません。

いずれにしてもご近所には大いにお騒がせするわけですから、できるだけ広範囲のお宅に、葬儀の連絡と前もっての「お詫び」をしておいたほうがいいでしょう。これは必ず、直接行って挨拶しなければなりません。電話ですませるのはあまりに失礼です。

さらに、家のロケーションや葬儀の規模によっては、近所の交番にも挨拶しておいたほうがいいケースもあるでしょう。

2つ目は通夜ぶるまい。通夜の客のために、別室に料理を用意してもてなすのが「通夜ぶるまい」です。多くは出前の寿司などを供すことになりますが、用意する料理の量は「少し多すぎたかな」というぐらいでちょうどいいでしょう。というのも、どれだけの来客があるかわかりませんし、忙しい仕事を抜けて、遅くにかけつけてくださる方もいるわけです。そのときに通夜ぶるまいの料理がなくなっていては、来客の厚意に答えることはできません。

故人にとっては一生に一度の葬儀なのですから、無駄になったとしても多めに用意しておくことをお勧めします。

もう1つは、葬儀のあとの挨拶。近所へのお礼の挨拶まわりはもちろん、町内会などがあればその会長さんなどへも直接で出向いてお礼を伝えることを忘れてはなりません。


親がそれなりの年齢にある方であれば、いざという時の備えはしてあるという事をよく聞きますが、冠婚葬祭の中でも一番節約したいのに節約できないのが葬儀だと思います。病院に教えられるままに葬儀社を決めてしまう事が多いようですが、ここでは皆さんに「いい葬儀社」の選び方を紹介しましょう。 「いい葬儀社の選び方のポイントとして、事前の見積もりやその明細を丁寧に明示してくれるところ、過去の葬儀の記録を見せてくれる、契約を急がしたり、押しが強くない、店舗を持って、長年営業しているなどのポイントがあります。 安易に安い葬儀社を選んでしまう事はせず、このポイントを踏まえてしっかり検討することをお勧めします。


 

Calendar