葬儀の際、香典を受け取るかどうか

葬儀の際、香典を受け取るかどうか

最近は、葬儀においてもご香料を受け取らないところが増えました。建前上は、わざわざ葬儀に参列していただいた上にご香料としてお金をご負担いただくのはしのびないということなのですが、本音の部分での大きな理由は、その後のお返し等が面倒であるからです。しかし、最近のこうした傾向には疑問の声も多くあります。昔から、こういう冠婚葬祭のときに包むお金は気持ちの問題であって、葬儀の香典もその1つであり、これはお互い様で日本人は人間関係を築いてきたということなのです。ですから葬儀の香典を拒否するのは失礼だという声も一部ではよく聞かれます。葬儀のやり方にもよりますが、やはり香典を渡そうとする人の気持ちをくむのも大切ではないかという気がします。

葬儀に出る時の服装と参列する時の知識

訃報を知り、葬儀の日程を聞くことになります。この時に遺族側の時間の都合を聞いておいて、手短に済ませるように配慮しましょう。

葬儀社の選び方は、自分で調べて「普段から準備しましょう」をお勧めします


長居しすぎると葬儀を行っている遺族側の負担にかかりかねません。服装は黒のスーツ、黒のフォーマルドレスを選んでおきましょう。

ない場合は私服でも構いませんが、なるべく目立たない地味な色を選ぶようにしてください。

アクセサリーは結婚指輪以外外しましょう。女性の場合はパールネックレス程度なら大丈夫です。

もし時間に遅れてしまいそうな場合に、通夜の時間ならお参りは可能です。

ただ告別式の場合は葬儀の参加ができなくなってしまうこともあるので、時間に余裕を持って葬儀に参列してください。葬儀の場所も事前に調べておくようにしましょう。

葬儀社の選び方は、こんな方法をお勧めします。 まず第一に、自宅に近いところの葬儀社を訪ね、説明を受けながらパンフレットをもらいます。 それを持ち帰って、それぞれの葬儀社の特徴を比べ、訪ねて行った時の印象の良し悪し、使える交通機関、料金体系で比較検討するのです。 まだ家族の誰も必要としていないのに、気が早過ぎると思われるかもしれませんが、いざその時が来たら調べている暇などありません。 今からじっくり観察して、準備しましょう。


 

Calendar