生前葬

生前葬

生前葬に興味がある方は増えていることは確かですが、まだまだ数が多くはありません。

実際に生前葬という葬儀に初めて出席される方がほとんどとなります。
どのように出席をしたらいいのか分からない方も多くいますので、生前葬という葬儀を行う時にはあらかじめ配慮が必要です。

さあ、もしもの為の準備をしましょう。まずは葬儀社の選び方を知ることから、お勧めします。


まずは服装です。
まだ、生きているわけですので喪服で行かなくてもいいのか、という事が気になる方もかなり多いことでしょう。
そういった事についても招待状に記しておくといいでしょう。
生前葬の場合は特にも服である必要もありませんので、その点を記しておきましょう。
また生前葬そういう葬儀の香典についても記しておいた方が良いです。
そういった部分も良く分からないものです。
基本的に生前葬では必要ないと考えられていますので、その点も記しておきましょう。
以上のように生前葬という葬儀を行う場合には、気遣いも必要です。

 

良い葬儀を送るためにも会社は慎重に

葬儀を行う際には、葬儀会社を選ぶことから始まります。そして葬儀会社にも良し悪しがあるため、慎重に選ぶ必要があります。

葬儀会社でも自営業でやっているところもあれば、大きく展開している企業もあります。

前者の自営業でやられているところは、地域の口コミなどをアテにして営業をしているのが大抵です。

なので基本的に余計なサービスを追加したり、横柄な態度で接するような事はまずないでしょう。悪い口コミはすぐに広がります。

そして後者の大手の企業の場合が、自己の判断を求められます。慎重に選ぶようにしてください。

葬儀の担当者の対応しだいでも変わってきますので、まずは聞きたい事に対してどのような態度を取るのかで葬儀を以来すべきか判断してみましょう。


日本人の多くの人が病院で亡くなり、親族がいる場合はその後葬儀を行うことになります。葬儀についての事前準備がなく、残された親族に葬儀の経験がない場合、病院に出入りしている葬儀社にすべてを委ねることも多いかと思います。相手はプロですから、「お任せでお願いします」で全てを済ませるのも1つの手ではあります。しかし、世の中には良い葬儀社しかない訳ではありません。後で葬儀の内容や請求額に不満を持たない為にも、「葬儀社の選び方」の知識を持ち、自分や家族の葬儀をどこに頼むのかを決めておくことをお勧めします。親切で評判が良い葬儀社を幾つか見つけたら、相談や見積もりを「生きているうち」にしましょう。


 

Calendar