故人が好きだった花を飾る

故人が好きだった花を飾る

葬儀につきましては、非常に自由度が高くなってまいりました。

葬儀社の選び方は遺族の思いを汲み取るような所をお勧めします。安らかな見送りをしましょう


これからも自由度がかなり高いような葬儀が行われるという予想も立てられるでしょう。
その葬儀の自由度なのですが、祭壇のお花もあります。個人が好きだった花などを飾る事が可能です。ですので、生前から自分の好きな花を飾ってほしいと、葬儀会社にお願いする方も実際に多くなっているわけです。

もしも好きな花があるという方は積極的に葬儀社に伝えておくといいでしょう。
また、ご家族にも話しておくべきです。

あまりに入手困難な花の場合は難しいですが、一般の花屋で取り扱っているものでしたら葬儀社でも基本的に対応してくれます。

ただ、葬儀社では、そういった花については決まったもの以外を使うとオプション料金がかかってきます。

故人が好きだった花を飾る

近年は、家族葬という葬儀形態を取り入れる人が増えています。家族葬は、故人の親族や、日常的に関わりの深かった知人のみが参列する葬儀形態です。

従って、疎遠になってしまった親戚や友人、仕事やサークルなどの関係者などが葬儀に参列することはありません。

そのため、葬儀を行う遺族にとってはいくつかの利点があります。家族葬では参列者が少ないため、食事や酒類、参列者へのお返しの品などにかかる費用も抑えることができます。

また、良く気心の知れた親族や知人のみの葬儀なので、雑事にとらわれず故人を見送ることが可能です。

さらに、従来の枠組みやマナーに縛られず、自由に葬儀をアレンジできます。席順や弔辞、会場に流す曲なども、故人の遺志や遺族の裁量を兼ね合わせて決められます。

ただし、故人が生前関わりがあった方々には、家族葬を済ませたことを通知する必要があります。

それを受けて自宅へ弔問に来る人があれば、その都度対応し、故人を偲びましょう。


葬儀を行う時には葬儀社の人の助けは必ず必要になります。その葬儀社の選び方には、色々な部分を見てそれぞれの家族にとっての希望に叶うのは違ってきます。しかし、誰もが望むのは祭壇などを無理強いをしないことや、大抵の方はこのくらいの規模で葬儀はしています、などと押し付けるようなところは避けたいのです。それぞれの家族の思い、それは故人を思う気持ちにもなるのですが、しっかりと受け止めてくれるところをお勧めします。丁寧にお別れをしましょう。


 

Calendar