葬儀の弔問時の香典のマナー

葬儀の弔問時の香典のマナー

私は自営で店をやっている関係で、葬儀の弔問の機会も多く、また自分でも喪主を経験しています。その経験から、葬儀の際の香典について少しお話したいと思います。

家族に合わせた葬儀社の選び方をお勧めします、先ずは資料請求をしましょう。


葬儀に参列するときに持参する香典については、葬儀のマナーの中でも比較的よく知られているのではないでしょうか。ただ、いくつか注意点と、おすすめしたいマナーがあります。まず、香典袋について。葬儀の際はいわゆる「不祝儀袋」をもちいます。市販のものを使うことがほとんどでしょうから、その表書きの選択を間違えなければ問題ありません。

仏式の葬儀の場合は「御霊前」もしくは「御香料」。この「御霊前」はほかのすべての宗教にも使えますから、もし「どれにしたらいいだろう」と迷った場合には「御霊前」を選べば間違いはありません。

キリスト教では他に、カトリックの場合は「御ミサ料」、プロテンスタントだと「御花料」ということになりますし、神式なら「御玉串料」になります。

避けなければいけないのは、仏式での葬儀での「御仏前」という表書き。これは四十九日納骨がすんで、故人が「成仏」したあとで用いるべき表書きです。葬儀の段階ではあくまで「御霊前」です。これは実際に間違う人もけっこういるようですから要注意です。

それと、これは決まったマナーというわけではありませんが、特に男性の場合、礼服の内ポケットに不祝儀袋を入れていて、それを取り出して受付に置く、という人が多いのではないでしょうか。今はそれが一般的になっているようですが、これは香典を雑に扱っている印象を与えかねません。袱紗に包んでそれを手に持ち、受付で袱紗を解いて香典を出すのが、本来のマナーです。

若い頃はともかく、ある程度の年齢になったら袱紗を用意することをお勧めします。リバーシブルになっている袱紗もあり、それだと葬儀だけでなく結婚式などの祝儀にも使えますから1枚あれば便利でしょう。

葬儀社選びは誰でも考えることですが、いざとなると慌ててしまいます。 一番良いのは個人が元気なうちに資料請求をしっかりしておき、金額、内容、式のプランを 検討しておくことをお勧めします。 本人に言い出しにくければ、それとなく希望を聞きながらノートにでもまとめるようにしましょう。 よい葬儀社の選び方は、葬儀の規模にもよりますが、価格、サービス、担当者で決まります。 なんといっても、担当者が自分と合わなければ良いお別れができません。 慌てて決めるよりも将来を見越して資料の検討を始めることお勧めします。


 

Calendar